タダラフィル 商品名ばいあぐら市販薬局鏃╂紡 鏀瑰杽3浣撴牸涓嶈壇銇俱仧銇柧鎮c伄褰遍熆

れびとら 5mg 効果射精に対する薬物の効果に関する最近の発見により、早漏の可能な神経学的メカニズムを理解することができました。例えば、プソイドエフェドリン、エフェドリン、塩酸ノルエフェドリンおよび他の薬物は交感神経の活動を増加させ、射精障害のある男性の射精を促進します。興味深いことに、クロミプラミンを服用している患者はあくびに関連するオルガスムを持ち、フルオキセチンを服用している患者は薬物の用量が増えると自然にオルガスムを持つという報告があります。これらの発見により、射精を遅延させる可能性のある多くの薬物の研究が行われました3つの主な薬物は、ドーパミン拮抗薬、抗うつ薬、抗不安薬です。 「ドーパミン拮抗薬」抗精神病薬(神経遮断薬とも呼ばれる)を含むこの種の薬物は、中枢ドーパミン受容体を遮断することができます。アポモルヒネ(ドーパミン作動薬)の性的興奮がハロペリドール(中央ドーパミン受容体遮断薬)によって拮抗されることを観察することにより、非定型ドーパミン受容体遮断薬チオベンズアミドによって拮抗されることもあります。 、しかしそれが血液脳関門を通過することができないドーパミン受容体遮断薬ドンペリドンによって拮抗されないという事実は、薬物が遅延射精に影響を与えることを示しています。ドーパミン拮抗薬は、ピモジド(抗精神病薬)、メトクロプラミド(制吐薬)、チオベンズアミド、ハロペリドール、およびオキシトシン拮抗薬を含む、ヒトまたは動物の射精に対して明確な阻害効果がありますエージェント、チューブオキシトシン。射精を遅らせる他の抗精神病薬には、クロルプロマジンとチオリダジンが含まれ、これらもアドレナリン受容体を遮断します。抗うつ薬抗うつ薬は、射精を遅らせる新世代の薬剤で、体内のセロトニン(5-HT)のレベルを上昇させる可能性があります。これらの薬物には、選択的5-HT再取り込み阻害薬(SSRI)であるフルオキセチン、セルトラリン、パロキセチンが含まれます。これらの薬物は5-HTの再摂取をブロックしますが、抗コリン作用もあります。 5-HTレベルの増加は、射精を阻害するメカニズムの1つと考えられています。古い三環系抗うつ薬も射精に影響します。これらの薬物は、5-HTの再摂取をブロックすることに加えて、鎮静作用、抗コリン作用および抗ヒスタミン作用を持っています。ただし、これらの薬物は5-HTの再取り込みをブロックする選択性が低く、他の特性が患者のコンプライアンスに悪影響を及ぼす可能性があります。これらの薬物の中で、クロミプラミンは5-HTとノルエピネフリンの再摂取を阻害します。クロミプラミンは、生殖器領域の受容体の刺激閾値を高めることができますが、仙骨の覚醒反応や背側神経の体性感覚覚能力には影響を与えません。 #p#Subtitle#e#射精を阻害する別の三環系抗うつ薬はアミトリプチリンです。これは明らかな抗コリン作用があります。最近の研究では、早漏の治療におけるフルオキセチン、セルトラリン、クロミプラミンの有効性と安全性が比較され、その結果はクロミプラミンとセルトラリンを服用しているフルオキセチンまたはプラセボと比較されましたLinは、膣内の射精潜時を大幅に増加させることができます。統計的なサポートはありませんが、クロミプラミンを服用している患者は、他の2つの薬を服用している患者よりも、性的パートナーに対する性的満足度が高くなっています。したがって、有効性の面では、クロミプラミンが最も効果的で、セルトラリンがそれに続きますが、副作用の発生率は低くなっています。抗不安薬全身性不安症や不安発作の治療に使用されるベンゾジアゼピン系抗不安薬の多くは、射精を阻害する効果があることが知られています。そのメカニズムは、GABA(g-アミノ酪酸)を強化することかもしれません。これらの薬には、クロルジアゼポキシド、ロラゼパム、アルプラゾラムなどがあります。ただし、射精への影響は他の薬物(SSRIなど)ほど一般的で明白ではなく、対照研究では、そのような薬物を服用している男性の10%未満が射精を遅らせていることが示されています。ブスピロンは、全身性不安症の患者の性機能を改善できる不完全な5-HTアゴニストです。その他の薬物表面麻酔薬:いくつかの報告では、表面麻酔薬を使用して局所感覚を減らし、射精を阻害することについて説明しています。たとえば、ベンゾカインとジブカイン(3%溶液)。性交の30分前に2.5グラムのプロカイン-リドカイン軟膏を局所的に使用すると、早漏患者の82%で症状が改善されます。 drugsさまざまな種類の薬物:他の研究では、ベラドンナ、ブロモカンファー、レボドパ、アヘン用ケシに臨床効果があることが示されています。早漏患者のために、陰茎海綿体内注射が試みられましたが、それは促進されていません。フェノキシベンザミン:非選択的α-アドレナリン受容体遮断薬フェノキシベンザミンは射精を阻害する効果があると報告されています。射精は交感神経によって独立して神経支配されていると考えられていましたが、現在は交感神経や副交感神経によって支配されている可能性があると考えられています。ペニスの高感度は早漏の病態生理の重要な原因であると推測されているため、ペニスの高感度を低下させることができる天然の漢方薬草成分を含むSSクリーム(セブランスシークレットクリーム)と呼ばれる製品を開発しました。それは口渇や眠気などの一般的な合併症を引き起こさなかった。最近の二重盲検無作為化多施設第III相臨床試験で、早漏のためにSS軟膏で治療された106人の患者では、82.2%の患者の射精潜時が2分を超えていました(コントロールグループでは10.3% )、私訴の性的満足率も大幅に増加しました(SSクリームグループで82.2%、コントロールグループで12.6%)。将来的には、このような局所麻酔薬の早漏治療への応用が主な方法となるでしょう。

台灣雄獅藥局 - 必利吉必利勁印度壯陽藥日本藤素春藥汗馬糖正品效果心得 ed藥 ED治療 射精に対する薬物の効果に関する最近の発見により、早漏の可能な神経学的メカニズムを理解することができました。例えば、プソイドエフェドリン、エフェドリン、塩酸ノルエフェドリンおよび他の薬物は交感神経の活動を増加させ、射精障害のある男性の射精を促進します。興味深いことに、クロミプラミンを服用している患者はあくびに関連するオルガスムを持ち、フルオキセチンを服用している患者は薬物の用量が増えると自然にオルガスムを持つという報告があります。これらの発見により、射精を遅延させる可能性のある多くの薬物の研究が行われました3つの主な薬物は、ドーパミン拮抗薬、抗うつ薬、抗不安薬です。 「ドーパミン拮抗薬」抗精神病薬(神経遮断薬とも呼ばれる)を含むこの種の薬物は、中枢ドーパミン受容体を遮断することができます。アポモルヒネ(ドーパミン作動薬)の性的興奮がハロペリドール(中央ドーパミン受容体遮断薬)によって拮抗されることを観察することにより、非定型ドーパミン受容体遮断薬チオベンズアミドによって拮抗されることもあります。 、しかしそれが血液脳関門を通過することができないドーパミン受容体遮断薬ドンペリドンによって拮抗されないという事実は、薬物が遅延射精に影響を与えることを示しています。ドーパミン拮抗薬は、ピモジド(抗精神病薬)、メトクロプラミド(制吐薬)、チオベンズアミド、ハロペリドール、およびオキシトシン拮抗薬を含む、ヒトまたは動物の射精に対して明確な阻害効果がありますエージェント、チューブオキシトシン。射精を遅らせる他の抗精神病薬には、クロルプロマジンとチオリダジンが含まれ、これらもアドレナリン受容体を遮断します。抗うつ薬抗うつ薬は、射精を遅らせる新世代の薬剤で、体内のセロトニン(5-HT)のレベルを上昇させる可能性があります。これらの薬物には、選択的5-HT再取り込み阻害薬(SSRI)であるフルオキセチン、セルトラリン、パロキセチンが含まれます。これらの薬物は5-HTの再摂取をブロックしますが、抗コリン作用もあります。 5-HTレベルの増加は、射精を阻害するメカニズムの1つと考えられています。古い三環系抗うつ薬も射精に影響します。これらの薬物は、5-HTの再摂取をブロックすることに加えて、鎮静作用、抗コリン作用および抗ヒスタミン作用を持っています。ただし、これらの薬物は5-HTの再取り込みをブロックする選択性が低く、他の特性が患者のコンプライアンスに悪影響を及ぼす可能性があります。これらの薬物の中で、クロミプラミンは5-HTとノルエピネフリンの再摂取を阻害します。クロミプラミンは、生殖器領域の受容体の刺激閾値を高めることができますが、仙骨の覚醒反応や背側神経の体性感覚覚能力には影響を与えません。 #p#Subtitle#e#射精を阻害する別の三環系抗うつ薬はアミトリプチリンです。これは明らかな抗コリン作用があります。最近の研究では、早漏の治療におけるフルオキセチン、セルトラリン、クロミプラミンの有効性と安全性が比較され、その結果はクロミプラミンとセルトラリンを服用しているフルオキセチンまたはプラセボと比較されましたLinは、膣内の射精潜時を大幅に増加させることができます。統計的なサポートはありませんが、クロミプラミンを服用している患者は、他の2つの薬を服用している患者よりも、性的パートナーに対する性的満足度が高くなっています。したがって、有効性の面では、クロミプラミンが最も効果的で、セルトラリンがそれに続きますが、副作用の発生率は低くなっています。抗不安薬全身性不安症や不安発作の治療に使用されるベンゾジアゼピン系抗不安薬の多くは、射精を阻害する効果があることが知られています。そのメカニズムは、GABA(g-アミノ酪酸)を強化することかもしれません。これらの薬には、クロルジアゼポキシド、ロラゼパム、アルプラゾラムなどがあります。ただし、射精への影響は他の薬物(SSRIなど)ほど一般的で明白ではなく、対照研究では、そのような薬物を服用している男性の10%未満が射精を遅らせていることが示されています。ブスピロンは、全身性不安症の患者の性機能を改善できる不完全な5-HTアゴニストです。その他の薬物表面麻酔薬:いくつかの報告では、表面麻酔薬を使用して局所感覚を減らし、射精を阻害することについて説明しています。たとえば、ベンゾカインとジブカイン(3%溶液)。性交の30分前に2.5グラムのプロカイン-リドカイン軟膏を局所的に使用すると、早漏患者の82%で症状が改善されます。 drugsさまざまな種類の薬物:他の研究では、ベラドンナ、ブロモカンファー、レボドパ、アヘン用ケシに臨床効果があることが示されています。早漏患者のために、陰茎海綿体内注射が試みられましたが、それは促進されていません。フェノキシベンザミン:非選択的α-アドレナリン受容体遮断薬フェノキシベンザミンは射精を阻害する効果があると報告されています。射精は交感神経によって独立して神経支配されていると考えられていましたが、現在は交感神経や副交感神経によって支配されている可能性があると考えられています。ペニスの高感度は早漏の病態生理の重要な原因であると推測されているため、ペニスの高感度を低下させることができる天然の漢方薬草成分を含むSSクリーム(セブランスシークレットクリーム)と呼ばれる製品を開発しました。それは口渇や眠気などの一般的な合併症を引き起こさなかった。最近の二重盲検無作為化多施設第III相臨床試験で、早漏のためにSS軟膏で治療された106人の患者では、82.2%の患者の射精潜時が2分を超えていました(コントロールグループでは10.3% )、私訴の性的満足率も大幅に増加しました(SSクリームグループで82.2%、コントロールグループで12.6%)。将来的には、このような局所麻酔薬の早漏治療への応用が主な方法となるでしょう。 タダラフィルサワイ ed钖?姣旇純 纭仌浠ヤ笅銇с仢銈屻倰銈堛亸瑕嬨仸銇裤伨銇椼倗銇? 鏈€寮枫伄ed钖寰屾姉鐐庣棁銇屽惈銇俱倢銇俱仚 樂威壯Levitra拜耳網路藥局專門站 射精に対する薬物の効果に関する最近の発見により、早漏の可能な神経学的メカニズムを理解することができました。例えば、プソイドエフェドリン、エフェドリン、塩酸ノルエフェドリンおよび他の薬物は交感神経の活動を増加させ、射精障害のある男性の射精を促進します。興味深いことに、クロミプラミンを服用している患者はあくびに関連するオルガスムを持ち、フルオキセチンを服用している患者は薬物の用量が増えると自然にオルガスムを持つという報告があります。これらの発見により、射精を遅延させる可能性のある多くの薬物の研究が行われました3つの主な薬物は、ドーパミン拮抗薬、抗うつ薬、抗不安薬です。 「ドーパミン拮抗薬」抗精神病薬(神経遮断薬とも呼ばれる)を含むこの種の薬物は、中枢ドーパミン受容体を遮断することができます。アポモルヒネ(ドーパミン作動薬)の性的興奮がハロペリドール(中央ドーパミン受容体遮断薬)によって拮抗されることを観察することにより、非定型ドーパミン受容体遮断薬チオベンズアミドによって拮抗されることもあります。 、しかしそれが血液脳関門を通過することができないドーパミン受容体遮断薬ドンペリドンによって拮抗されないという事実は、薬物が遅延射精に影響を与えることを示しています。ドーパミン拮抗薬は、ピモジド(抗精神病薬)、メトクロプラミド(制吐薬)、チオベンズアミド、ハロペリドール、およびオキシトシン拮抗薬を含む、ヒトまたは動物の射精に対して明確な阻害効果がありますエージェント、チューブオキシトシン。射精を遅らせる他の抗精神病薬には、クロルプロマジンとチオリダジンが含まれ、これらもアドレナリン受容体を遮断します。抗うつ薬抗うつ薬は、射精を遅らせる新世代の薬剤で、体内のセロトニン(5-HT)のレベルを上昇させる可能性があります。これらの薬物には、選択的5-HT再取り込み阻害薬(SSRI)であるフルオキセチン、セルトラリン、パロキセチンが含まれます。これらの薬物は5-HTの再摂取をブロックしますが、抗コリン作用もあります。 5-HTレベルの増加は、射精を阻害するメカニズムの1つと考えられています。古い三環系抗うつ薬も射精に影響します。これらの薬物は、5-HTの再摂取をブロックすることに加えて、鎮静作用、抗コリン作用および抗ヒスタミン作用を持っています。ただし、これらの薬物は5-HTの再取り込みをブロックする選択性が低く、他の特性が患者のコンプライアンスに悪影響を及ぼす可能性があります。これらの薬物の中で、クロミプラミンは5-HTとノルエピネフリンの再摂取を阻害します。クロミプラミンは、生殖器領域の受容体の刺激閾値を高めることができますが、仙骨の覚醒反応や背側神経の体性感覚覚能力には影響を与えません。 #p#Subtitle#e#射精を阻害する別の三環系抗うつ薬はアミトリプチリンです。これは明らかな抗コリン作用があります。最近の研究では、早漏の治療におけるフルオキセチン、セルトラリン、クロミプラミンの有効性と安全性が比較され、その結果はクロミプラミンとセルトラリンを服用しているフルオキセチンまたはプラセボと比較されましたLinは、膣内の射精潜時を大幅に増加させることができます。統計的なサポートはありませんが、クロミプラミンを服用している患者は、他の2つの薬を服用している患者よりも、性的パートナーに対する性的満足度が高くなっています。したがって、有効性の面では、クロミプラミンが最も効果的で、セルトラリンがそれに続きますが、副作用の発生率は低くなっています。抗不安薬全身性不安症や不安発作の治療に使用されるベンゾジアゼピン系抗不安薬の多くは、射精を阻害する効果があることが知られています。そのメカニズムは、GABA(g-アミノ酪酸)を強化することかもしれません。これらの薬には、クロルジアゼポキシド、ロラゼパム、アルプラゾラムなどがあります。ただし、射精への影響は他の薬物(SSRIなど)ほど一般的で明白ではなく、対照研究では、そのような薬物を服用している男性の10%未満が射精を遅らせていることが示されています。ブスピロンは、全身性不安症の患者の性機能を改善できる不完全な5-HTアゴニストです。その他の薬物表面麻酔薬:いくつかの報告では、表面麻酔薬を使用して局所感覚を減らし、射精を阻害することについて説明しています。たとえば、ベンゾカインとジブカイン(3%溶液)。性交の30分前に2.5グラムのプロカイン-リドカイン軟膏を局所的に使用すると、早漏患者の82%で症状が改善されます。 drugsさまざまな種類の薬物:他の研究では、ベラドンナ、ブロモカンファー、レボドパ、アヘン用ケシに臨床効果があることが示されています。早漏患者のために、陰茎海綿体内注射が試みられましたが、それは促進されていません。フェノキシベンザミン:非選択的α-アドレナリン受容体遮断薬フェノキシベンザミンは射精を阻害する効果があると報告されています。射精は交感神経によって独立して神経支配されていると考えられていましたが、現在は交感神経や副交感神経によって支配されている可能性があると考えられています。ペニスの高感度は早漏の病態生理の重要な原因であると推測されているため、ペニスの高感度を低下させることができる天然の漢方薬草成分を含むSSクリーム(セブランスシークレットクリーム)と呼ばれる製品を開発しました。それは口渇や眠気などの一般的な合併症を引き起こさなかった。最近の二重盲検無作為化多施設第III相臨床試験で、早漏のためにSS軟膏で治療された106人の患者では、82.2%の患者の射精潜時が2分を超えていました(コントロールグループでは10.3% )、私訴の性的満足率も大幅に増加しました(SSクリームグループで82.2%、コントロールグループで12.6%)。将来的には、このような局所麻酔薬の早漏治療への応用が主な方法となるでしょう。 シアリス 効き目 射精に対する薬物の効果に関する最近の発見により、早漏の可能な神経学的メカニズムを理解することができました。例えば、プソイドエフェドリン、エフェドリン、塩酸ノルエフェドリンおよび他の薬物は交感神経の活動を増加させ、射精障害のある男性の射精を促進します。興味深いことに、クロミプラミンを服用している患者はあくびに関連するオルガスムを持ち、フルオキセチンを服用している患者は薬物の用量が増えると自然にオルガスムを持つという報告があります。これらの発見により、射精を遅延させる可能性のある多くの薬物の研究が行われました3つの主な薬物は、ドーパミン拮抗薬、抗うつ薬、抗不安薬です。 「ドーパミン拮抗薬」抗精神病薬(神経遮断薬とも呼ばれる)を含むこの種の薬物は、中枢ドーパミン受容体を遮断することができます。アポモルヒネ(ドーパミン作動薬)の性的興奮がハロペリドール(中央ドーパミン受容体遮断薬)によって拮抗されることを観察することにより、非定型ドーパミン受容体遮断薬チオベンズアミドによって拮抗されることもあります。 、しかしそれが血液脳関門を通過することができないドーパミン受容体遮断薬ドンペリドンによって拮抗されないという事実は、薬物が遅延射精に影響を与えることを示しています。ドーパミン拮抗薬は、ピモジド(抗精神病薬)、メトクロプラミド(制吐薬)、チオベンズアミド、ハロペリドール、およびオキシトシン拮抗薬を含む、ヒトまたは動物の射精に対して明確な阻害効果がありますエージェント、チューブオキシトシン。射精を遅らせる他の抗精神病薬には、クロルプロマジンとチオリダジンが含まれ、これらもアドレナリン受容体を遮断します。抗うつ薬抗うつ薬は、射精を遅らせる新世代の薬剤で、体内のセロトニン(5-HT)のレベルを上昇させる可能性があります。これらの薬物には、選択的5-HT再取り込み阻害薬(SSRI)であるフルオキセチン、セルトラリン、パロキセチンが含まれます。これらの薬物は5-HTの再摂取をブロックしますが、抗コリン作用もあります。 5-HTレベルの増加は、射精を阻害するメカニズムの1つと考えられています。古い三環系抗うつ薬も射精に影響します。これらの薬物は、5-HTの再摂取をブロックすることに加えて、鎮静作用、抗コリン作用および抗ヒスタミン作用を持っています。ただし、これらの薬物は5-HTの再取り込みをブロックする選択性が低く、他の特性が患者のコンプライアンスに悪影響を及ぼす可能性があります。これらの薬物の中で、クロミプラミンは5-HTとノルエピネフリンの再摂取を阻害します。クロミプラミンは、生殖器領域の受容体の刺激閾値を高めることができますが、仙骨の覚醒反応や背側神経の体性感覚覚能力には影響を与えません。 #p#Subtitle#e#射精を阻害する別の三環系抗うつ薬はアミトリプチリンです。これは明らかな抗コリン作用があります。最近の研究では、早漏の治療におけるフルオキセチン、セルトラリン、クロミプラミンの有効性と安全性が比較され、その結果はクロミプラミンとセルトラリンを服用しているフルオキセチンまたはプラセボと比較されましたLinは、膣内の射精潜時を大幅に増加させることができます。統計的なサポートはありませんが、クロミプラミンを服用している患者は、他の2つの薬を服用している患者よりも、性的パートナーに対する性的満足度が高くなっています。したがって、有効性の面では、クロミプラミンが最も効果的で、セルトラリンがそれに続きますが、副作用の発生率は低くなっています。抗不安薬全身性不安症や不安発作の治療に使用されるベンゾジアゼピン系抗不安薬の多くは、射精を阻害する効果があることが知られています。そのメカニズムは、GABA(g-アミノ酪酸)を強化することかもしれません。これらの薬には、クロルジアゼポキシド、ロラゼパム、アルプラゾラムなどがあります。ただし、射精への影響は他の薬物(SSRIなど)ほど一般的で明白ではなく、対照研究では、そのような薬物を服用している男性の10%未満が射精を遅らせていることが示されています。ブスピロンは、全身性不安症の患者の性機能を改善できる不完全な5-HTアゴニストです。その他の薬物表面麻酔薬:いくつかの報告では、表面麻酔薬を使用して局所感覚を減らし、射精を阻害することについて説明しています。たとえば、ベンゾカインとジブカイン(3%溶液)。性交の30分前に2.5グラムのプロカイン-リドカイン軟膏を局所的に使用すると、早漏患者の82%で症状が改善されます。 drugsさまざまな種類の薬物:他の研究では、ベラドンナ、ブロモカンファー、レボドパ、アヘン用ケシに臨床効果があることが示されています。早漏患者のために、陰茎海綿体内注射が試みられましたが、それは促進されていません。フェノキシベンザミン:非選択的α-アドレナリン受容体遮断薬フェノキシベンザミンは射精を阻害する効果があると報告されています。射精は交感神経によって独立して神経支配されていると考えられていましたが、現在は交感神経や副交感神経によって支配されている可能性があると考えられています。ペニスの高感度は早漏の病態生理の重要な原因であると推測されているため、ペニスの高感度を低下させることができる天然の漢方薬草成分を含むSSクリーム(セブランスシークレットクリーム)と呼ばれる製品を開発しました。それは口渇や眠気などの一般的な合併症を引き起こさなかった。最近の二重盲検無作為化多施設第III相臨床試験で、早漏のためにSS軟膏で治療された106人の患者では、82.2%の患者の射精潜時が2分を超えていました(コントロールグループでは10.3% )、私訴の性的満足率も大幅に増加しました(SSクリームグループで82.2%、コントロールグループで12.6%)。将来的には、このような局所麻酔薬の早漏治療への応用が主な方法となるでしょう。 シアリス」 シアリス価格 性生活を大幅に延長し、インポテンツの問題を効果的に解決できます。シアリス価格 れびとら amaron 栄光を取り戻しましょう。 代金引換、秘密の包装 射精に対する薬物の効果に関する最近の発見により、早漏の可能な神経学的メカニズムを理解することができました。例えば、プソイドエフェドリン、エフェドリン、塩酸ノルエフェドリンおよび他の薬物は交感神経の活動を増加させ、射精障害のある男性の射精を促進します。興味深いことに、クロミプラミンを服用している患者はあくびに関連するオルガスムを持ち、フルオキセチンを服用している患者は薬物の用量が増えると自然にオルガスムを持つという報告があります。これらの発見により、射精を遅延させる可能性のある多くの薬物の研究が行われました3つの主な薬物は、ドーパミン拮抗薬、抗うつ薬、抗不安薬です。 「ドーパミン拮抗薬」抗精神病薬(神経遮断薬とも呼ばれる)を含むこの種の薬物は、中枢ドーパミン受容体を遮断することができます。アポモルヒネ(ドーパミン作動薬)の性的興奮がハロペリドール(中央ドーパミン受容体遮断薬)によって拮抗されることを観察することにより、非定型ドーパミン受容体遮断薬チオベンズアミドによって拮抗されることもあります。 、しかしそれが血液脳関門を通過することができないドーパミン受容体遮断薬ドンペリドンによって拮抗されないという事実は、薬物が遅延射精に影響を与えることを示しています。ドーパミン拮抗薬は、ピモジド(抗精神病薬)、メトクロプラミド(制吐薬)、チオベンズアミド、ハロペリドール、およびオキシトシン拮抗薬を含む、ヒトまたは動物の射精に対して明確な阻害効果がありますエージェント、チューブオキシトシン。射精を遅らせる他の抗精神病薬には、クロルプロマジンとチオリダジンが含まれ、これらもアドレナリン受容体を遮断します。抗うつ薬抗うつ薬は、射精を遅らせる新世代の薬剤で、体内のセロトニン(5-HT)のレベルを上昇させる可能性があります。これらの薬物には、選択的5-HT再取り込み阻害薬(SSRI)であるフルオキセチン、セルトラリン、パロキセチンが含まれます。これらの薬物は5-HTの再摂取をブロックしますが、抗コリン作用もあります。 5-HTレベルの増加は、射精を阻害するメカニズムの1つと考えられています。古い三環系抗うつ薬も射精に影響します。これらの薬物は、5-HTの再摂取をブロックすることに加えて、鎮静作用、抗コリン作用および抗ヒスタミン作用を持っています。ただし、これらの薬物は5-HTの再取り込みをブロックする選択性が低く、他の特性が患者のコンプライアンスに悪影響を及ぼす可能性があります。これらの薬物の中で、クロミプラミンは5-HTとノルエピネフリンの再摂取を阻害します。クロミプラミンは、生殖器領域の受容体の刺激閾値を高めることができますが、仙骨の覚醒反応や背側神経の体性感覚覚能力には影響を与えません。 #p#Subtitle#e#射精を阻害する別の三環系抗うつ薬はアミトリプチリンです。これは明らかな抗コリン作用があります。最近の研究では、早漏の治療におけるフルオキセチン、セルトラリン、クロミプラミンの有効性と安全性が比較され、その結果はクロミプラミンとセルトラリンを服用しているフルオキセチンまたはプラセボと比較されましたLinは、膣内の射精潜時を大幅に増加させることができます。統計的なサポートはありませんが、クロミプラミンを服用している患者は、他の2つの薬を服用している患者よりも、性的パートナーに対する性的満足度が高くなっています。したがって、有効性の面では、クロミプラミンが最も効果的で、セルトラリンがそれに続きますが、副作用の発生率は低くなっています。抗不安薬全身性不安症や不安発作の治療に使用されるベンゾジアゼピン系抗不安薬の多くは、射精を阻害する効果があることが知られています。そのメカニズムは、GABA(g-アミノ酪酸)を強化することかもしれません。これらの薬には、クロルジアゼポキシド、ロラゼパム、アルプラゾラムなどがあります。ただし、射精への影響は他の薬物(SSRIなど)ほど一般的で明白ではなく、対照研究では、そのような薬物を服用している男性の10%未満が射精を遅らせていることが示されています。ブスピロンは、全身性不安症の患者の性機能を改善できる不完全な5-HTアゴニストです。その他の薬物表面麻酔薬:いくつかの報告では、表面麻酔薬を使用して局所感覚を減らし、射精を阻害することについて説明しています。たとえば、ベンゾカインとジブカイン(3%溶液)。性交の30分前に2.5グラムのプロカイン-リドカイン軟膏を局所的に使用すると、早漏患者の82%で症状が改善されます。 drugsさまざまな種類の薬物:他の研究では、ベラドンナ、ブロモカンファー、レボドパ、アヘン用ケシに臨床効果があることが示されています。早漏患者のために、陰茎海綿体内注射が試みられましたが、それは促進されていません。フェノキシベンザミン:非選択的α-アドレナリン受容体遮断薬フェノキシベンザミンは射精を阻害する効果があると報告されています。射精は交感神経によって独立して神経支配されていると考えられていましたが、現在は交感神経や副交感神経によって支配されている可能性があると考えられています。ペニスの高感度は早漏の病態生理の重要な原因であると推測されているため、ペニスの高感度を低下させることができる天然の漢方薬草成分を含むSSクリーム(セブランスシークレットクリーム)と呼ばれる製品を開発しました。それは口渇や眠気などの一般的な合併症を引き起こさなかった。最近の二重盲検無作為化多施設第III相臨床試験で、早漏のためにSS軟膏で治療された106人の患者では、82.2%の患者の射精潜時が2分を超えていました(コントロールグループでは10.3% )、私訴の性的満足率も大幅に増加しました(SSクリームグループで82.2%、コントロールグループで12.6%)。将来的には、このような局所麻酔薬の早漏治療への応用が主な方法となるでしょう。.

射精に対する薬物の効果に関する最近の発見により、早漏の可能な神経学的メカニズムを理解することができました。例えば、プソイドエフェドリン、エフェドリン、塩酸ノルエフェドリンおよび他の薬物は交感神経の活動を増加させ、射精障害のある男性の射精を促進します。興味深いことに、クロミプラミンを服用している患者はあくびに関連するオルガスムを持ち、フルオキセチンを服用している患者は薬物の用量が増えると自然にオルガスムを持つという報告があります。これらの発見により、射精を遅延させる可能性のある多くの薬物の研究が行われました3つの主な薬物は、ドーパミン拮抗薬、抗うつ薬、抗不安薬です。 「ドーパミン拮抗薬」抗精神病薬(神経遮断薬とも呼ばれる)を含むこの種の薬物は、中枢ドーパミン受容体を遮断することができます。アポモルヒネ(ドーパミン作動薬)の性的興奮がハロペリドール(中央ドーパミン受容体遮断薬)によって拮抗されることを観察することにより、非定型ドーパミン受容体遮断薬チオベンズアミドによって拮抗されることもあります。 、しかしそれが血液脳関門を通過することができないドーパミン受容体遮断薬ドンペリドンによって拮抗されないという事実は、薬物が遅延射精に影響を与えることを示しています。ドーパミン拮抗薬は、ピモジド(抗精神病薬)、メトクロプラミド(制吐薬)、チオベンズアミド、ハロペリドール、およびオキシトシン拮抗薬を含む、ヒトまたは動物の射精に対して明確な阻害効果がありますエージェント、チューブオキシトシン。射精を遅らせる他の抗精神病薬には、クロルプロマジンとチオリダジンが含まれ、これらもアドレナリン受容体を遮断します。抗うつ薬抗うつ薬は、射精を遅らせる新世代の薬剤で、体内のセロトニン(5-HT)のレベルを上昇させる可能性があります。これらの薬物には、選択的5-HT再取り込み阻害薬(SSRI)であるフルオキセチン、セルトラリン、パロキセチンが含まれます。これらの薬物は5-HTの再摂取をブロックしますが、抗コリン作用もあります。 5-HTレベルの増加は、射精を阻害するメカニズムの1つと考えられています。古い三環系抗うつ薬も射精に影響します。これらの薬物は、5-HTの再摂取をブロックすることに加えて、鎮静作用、抗コリン作用および抗ヒスタミン作用を持っています。ただし、これらの薬物は5-HTの再取り込みをブロックする選択性が低く、他の特性が患者のコンプライアンスに悪影響を及ぼす可能性があります。これらの薬物の中で、クロミプラミンは5-HTとノルエピネフリンの再摂取を阻害します。クロミプラミンは、生殖器領域の受容体の刺激閾値を高めることができますが、仙骨の覚醒反応や背側神経の体性感覚覚能力には影響を与えません。 #p#Subtitle#e#射精を阻害する別の三環系抗うつ薬はアミトリプチリンです。これは明らかな抗コリン作用があります。最近の研究では、早漏の治療におけるフルオキセチン、セルトラリン、クロミプラミンの有効性と安全性が比較され、その結果はクロミプラミンとセルトラリンを服用しているフルオキセチンまたはプラセボと比較されましたLinは、膣内の射精潜時を大幅に増加させることができます。統計的なサポートはありませんが、クロミプラミンを服用している患者は、他の2つの薬を服用している患者よりも、性的パートナーに対する性的満足度が高くなっています。したがって、有効性の面では、クロミプラミンが最も効果的で、セルトラリンがそれに続きますが、副作用の発生率は低くなっています。抗不安薬全身性不安症や不安発作の治療に使用されるベンゾジアゼピン系抗不安薬の多くは、射精を阻害する効果があることが知られています。そのメカニズムは、GABA(g-アミノ酪酸)を強化することかもしれません。これらの薬には、クロルジアゼポキシド、ロラゼパム、アルプラゾラムなどがあります。ただし、射精への影響は他の薬物(SSRIなど)ほど一般的で明白ではなく、対照研究では、そのような薬物を服用している男性の10%未満が射精を遅らせていることが示されています。ブスピロンは、全身性不安症の患者の性機能を改善できる不完全な5-HTアゴニストです。その他の薬物表面麻酔薬:いくつかの報告では、表面麻酔薬を使用して局所感覚を減らし、射精を阻害することについて説明しています。たとえば、ベンゾカインとジブカイン(3%溶液)。性交の30分前に2.5グラムのプロカイン-リドカイン軟膏を局所的に使用すると、早漏患者の82%で症状が改善されます。 drugsさまざまな種類の薬物:他の研究では、ベラドンナ、ブロモカンファー、レボドパ、アヘン用ケシに臨床効果があることが示されています。早漏患者のために、陰茎海綿体内注射が試みられましたが、それは促進されていません。フェノキシベンザミン:非選択的α-アドレナリン受容体遮断薬フェノキシベンザミンは射精を阻害する効果があると報告されています。射精は交感神経によって独立して神経支配されていると考えられていましたが、現在は交感神経や副交感神経によって支配されている可能性があると考えられています。ペニスの高感度は早漏の病態生理の重要な原因であると推測されているため、ペニスの高感度を低下させることができる天然の漢方薬草成分を含むSSクリーム(セブランスシークレットクリーム)と呼ばれる製品を開発しました。それは口渇や眠気などの一般的な合併症を引き起こさなかった。最近の二重盲検無作為化多施設第III相臨床試験で、早漏のためにSS軟膏で治療された106人の患者では、82.2%の患者の射精潜時が2分を超えていました(コントロールグループでは10.3% )、私訴の性的満足率も大幅に増加しました(SSクリームグループで82.2%、コントロールグループで12.6%)。将来的には、このような局所麻酔薬の早漏治療への応用が主な方法となるでしょう。Ed 治療 薬 とは